【高校生でもOK】WCXトークンを持ってるだけで毎月収入ゲット!仮想通貨取引所『WCX』で不労所得

【この記事は約2分で読めます】

寒くなってきましたね。スノボーのシーズンインが楽しみなふーみんです。

本日は、12月1日にICOが開始される仮想通貨取引所WCXをご紹介します。

今登録すると50WCX(約500円の価値)もらえるので、登録がまだの方はこの機会に登録しましょう。

無料ですし、高校生でも親の同意書不要で登録できます。

WCXの登録はこちら

WCXとは?

WCXは香港の仮想通貨取引所です。

他の取引所に比べ、手数料が10分の1という手数料の安さを謳っています。

まだオープン前で、今は事前登録を受け付けています。
ICOに向けて既に100万人以上が事前登録しているようです。

同じ取引所のICOだと日本ではCOMSAが有名ですね。
COMSAは100億円近く集めたので、WCXも同じように資金を集められる可能性があります。

WCXに登録するメリット

  • 親の同意書が不要
  • 日本語対応
  • 毎月収入

WCXの可能性について

持っているだけで、毎月収入がもらえるシステムはKuCoin仮想通貨取引所に似てますね。

KuCoinで発行されているKCSも一時期暴騰したので、WCXも同じく暴騰する可能性を秘めています。

取り扱う銘柄次第では、他の取引所よりも需要が増える可能性もあります。

まずはBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、XMR(モネロ)の5種類は取り扱うようですね。

まだ試していませんが、既にBTC建てで、ETH、LTC、XRPのトレードは行えるみたいですね。

WCXの紹介制度

WCXも紹介制度があります。
紹介された人がWCXを利用すると、手数料の一部が紹介した人に還元されます。

とても良い制度なので、ブログやSNSでどんどん紹介してWCXを盛り上げていきましょう。

まとめ

まだWCXトークンの売買は始まっていませんが、無料でメールアドレスさえあれば登録できるので、とりあえず登録しておくことをオススメします。

今から始めれば数年後には、莫大な利益になっている可能性もあります。

よろです。

WCXの登録はこちら