【随時追加】仮想通貨を始めて覚えた単語を簡単にまとめてみた

【この記事は約2分で読めます】

どうも。記憶力が絶望的だとどこかで話題のFUMIです。

この記事には、僕が仮想通貨に手を出してから、初めて知った単語をまとめておきます。
ググればすぐに出てくるのですが、備考録がてら書き残しておきます。

まずはじめに

ちゃんと勉強したわけじゃないので鵜呑みにはしないください。
間違っていることもあるかもしれませんw

文字を読むのが苦手な人(僕とか)用に簡略的に書いてます。
詳しくはちゃんとググって調べてくださいw

知らない単語を覚えたら随時追加していきます。

円建て(JPY建て)

円でビットコインやアルトコインを買う場合のことです。

ビットコイン建て(BTC建て)

ビットコインでアルトコインを買う場合のことです。
海外の取引所では円で買えないので、ビットコイン建てで買います。

利確

利益確定の略です。
主にアルトコインを売ってビットコインや円にすることです。
もちろん、ビットコインを円にする場合にも使います。

塩漬け

高値で買ってしまって、売ると損が確定してしまうので売れない状況のことです。
僕のリップルがこの状態です。

損切り

含み損が生じているときに、損失額を確定させることです。
僕は損切りが嫌いなのでしません。含み損の場合は塩漬けです。

スプレッド

仮想通貨を売買するときの手数料みたいなものです。
ただ、手数料とは違うみたいです。
手数料無料と謳っている取引所でも、これが売買のときに含まれている可能性があるので要確認です。

レンディング

貸付のことです。
取引所のサービスです。
仮想通貨を貸し出して金利を得ることができます。
長期ホールドする人は使っているんだと思います。

ロング

安いときに買って、高いときに売る一般的な取引のことです。

ショート

別名「空売り」といいます。
普通の取引は「買い」から始めりますが、ショートの場合は「売り」から始まります。

高いときに売って、安いときに買い戻して利益を出します。
なので、価格が下がっているときに利益が出せるようです。

僕は未経験なのですが、どうやら負けたときのリスクが大きいらしいので初心者の方はやらない方が良いと思います。
初心者の友人が一晩で50万円失っていましたw

Fiat(フィアット)

別名「法廷紙幣」といいます。
円やドルなど国が発行した通貨のことです。

レバレッジ取引

FX、先物、信用取引という3種類があるみたいです。
詳しくは調べていないですがリスクが大きいらしいので初心者の方は触れない方が良いと思いますw

GOX(ゴックス)

取引所が顧客の仮想通貨を持ったまま潰れることをいうみたいです。